無題ドキュメント

村田達哉監督ご挨拶

この度、コバルトーレ女川の監督に就任しました村田達哉です。

まずは、最も過酷と言われる地域決勝リーグを勝ち抜き、悲願のJFL昇格を果たしてくれた選手、スタッフ、クラブに関わる全ての方々に感謝すると共に、このクラブで指揮を執れることをとても嬉しく思っています。

私は2001年から2005年4月まで、ベガルタ仙台の選手、フロントスタッフとして携わりました。それに続き、再び宮城県を本拠地とするクラブで仕事ができるのは、何かの縁を感じずにはいられません。

コバルトーレ女川はJFL初挑戦になりますが、自分達の思いや覚悟を持ち、ミスを恐れず積極的なサッカーを目指していきます。その為には、日々のトレーニングがとても重要になります。
「練習は裏切らない」
この言葉通り、インテンシティを高め、競争を促し、レベルアップを計れるように、現在はチーム一丸となってトレーニングに励んでいます。

プレーする選手達は、平日この地域で仕事を行い、業務後、疲れた顔を一切みせずに、楽しく、そして真剣にサッカーに取り組んでいます。是非とも、日々の練習や試合に足を運んで頂き、選手達を後押しして下さい。皆様のサポートが我々のエネルギーの源です。共にJFLを戦いましょう。

応援よろしくお願いします。

コバルトーレ女川監督 村田達哉